平日や休日の環境の差も確認しておく

土地周辺の環境、平日土日のリサーチ

購入予定地の周辺環境のリサーチは、家を建てる上では重要です。ただ、利便性だけに捉われていると、後でこんなところで失敗したなんてことも少なくありません。先ず大事なのは地盤の調査で、地震などで液状化などのリスクはないかを確認します。周辺の地形なども考え、海、川、山などの災害を考え土地を選ぶことが大切です。平日、土日の環境を調べることも必要で、商業施設やイベント会場などがあると休日を静かに過ごせない可能性があります。また、夜の周辺の様子も、街頭がキチンと整備されているか確認も必要です。土地を売る業者は詳しいことは余り説明をしないのが通常なので、住宅を注文する住宅メーカーにリサーチしてもらい、特に問題の無い土地を購入することが大切です。

土地周辺の住んでいる人のリサーチ

周辺環境や地質の調査は上記で紹介したように大切なことです。しかし、最も注意しなければならないのが、周辺にどのような人が住んでいるのか調べることです。テレビでもよく取り上げられていますが、ご近所トラブルの問題は深刻化しています。やっと夢のマイホームを建てたのに、近所から嫌がらせなどを受けたらたまりません。問題を起こすような人がいないか、調べておく必要があります。また、購入予定地の隣や前後の土地が、空いているのも確認しておきます。予め家を建てて住んでいる人は調べられますが、自分と同じようにこれから建てる人を調べることができないからです。ご近所との人間関係を作っていくことも勿論大切ですが、これから起きるかもしれないリスクを避けることも大切です。

分譲住宅は建物が出来上がった状態で売りに出されるため、生活のイメージがしやすいというのが一つの特徴になります。